サイトマップ



 ブリッジ
両隣の歯を削って、その歯をつなぐブリッジという手法が、一般的な治療法として行われてきました。このブリッジは噛み心地もよく、固定式であるため装着してもあまり違和感はありません。

また、人工歯の材料を選択することにより、天然歯と遜色ない審美的な修復も可能です。
しかし、支えとなる歯が健康であっても削る必要があります。

支える歯には大きな負担がかかり、将来的に歯を失うことの原因となる場合があります。インプラントは両隣の歯を削ることなく、新しい歯を入れることができます。歯を削らないことは、その歯の寿命を長くするのはいうまでもありません。


 部分入れ歯
部分入れ歯をつくったが、あまり噛めないし違和感があるので外している、または、反対側の歯で噛めるのでそのまま放置しているといった方が多くいらっしゃるようです。

奥歯の最大の機能は噛み砕くということです。そのまま放っておくと柔らかいものしか食べられなくなったり、丸呑みが習慣となって健康にも悪影響を及ぼします。

インプラントは、歯の土台となる歯根の機能も回復させるので、通常の入れ歯のようなズレがなく、健全な咀嚼運動(噛み砕き、飲み込む運動)ができるようになります。


 総入れ歯
不幸にも全ての歯を失くしてしまった方は、通常総入れ歯を使用されていることと思います。総入れ歯がピッタリと合っていないために、食事中に動いてうまく噛めないという方や、話しづらいのでおしゃべりが楽しくないという方が多くいらっしゃるようです。

インプラントを数本植立し、入れ歯と固定すれば「噛む力」がかかった場合でも、入れ歯は動かずに快適にお食事、おしゃべりができるようになります。







ホーム |診療方針歯科医紹介医院紹介アクセス 
大阪府大阪市生野区勝山南3丁目2−9
たつの歯科医院