サイトマップ





 診断革命
わたしたち歯科医療関係者の周辺には、新しい波が押し寄せています。この波は、数年前から本格的に歯科医療分野に投入された歯科専用CTを引き金とする診断革命の波です。この波によって、歯科治療における診断の精度は飛躍的に向上しました。

歯科専用CTは、近年開発された歯科に特化したCT装置で、コンピュータを駆使したデータ処理と画像の再構成で、断層写真を得ることができる装置です。

CTと言えば、医科の分野においては、様々な場面で聞く診断法ですが、従来の医科用CTでは、画像を面(輪切り)でしか捕らえることができず、歯科の分野においては、正確な診断を行うことができませんでした。


 歯科専用CTの利点
・被爆量が少ない(医科用CTの五分の一以下)
・高画質である
・金属アーチファクト(画像の乱れ)が少ない
・数秒単位で三次元画像を構築できる
・立ったまま数秒で撮影が終了する
・医科用CTのように閉所に頭部を入れることなく、オープン空間での撮影が可能


 歯科専用CTの欠点
・軟組織(歯肉)の変化はあまり反映されない
・歯科では保険の適用範囲が少ない


 インプラント治療にはCTが有効
もちろん、すべての診断に歯科専用CTが必要なわけではありませんが、インプラントや外科処置の診断、進行した歯周病の骨吸収の度合いを診断する際には効果を発揮します。

特にインプラント治療においては、事前にインプラントを埋入する部位の骨条件を把握しておくことができるようになるため、CT診断の有効性が非常に高い治療分野と言えます。 

また、従来からのレントゲン写真では、はっきり見えなかった状況が、CT画像であれば鮮明に見えるようになります。その結果、レントゲン写真では判別が困難であった痛みの症状の原因究明に役立てることが出来るようになりました。

医療者にとって、また、患者さんにとって大きな福音をもたらす歯科専用CTは、歯科医療の今後の大きな波になることは間違いありません。







ホーム |診療方針歯科医紹介医院紹介アクセス 
大阪府大阪市生野区勝山南3丁目2−9
たつの歯科医院