サイトマップ


インプラントは、天然の歯と違い虫歯になることはありません。しかし管理が悪いとインプラント周囲炎を起こします。これは、自分の歯における歯周病と同じです。インプラントを長持ちさせるには、普段のお手入れと定期的なメンテナンスが大切です。


 普段のお手入れ
インプラントは天然の歯に比べると歯根が細いので歯周ポッケットを清潔にすることが大切です。毎日ブラッシングしていても、自己流のブラッシングではきちんと磨けていない場合があります。歯科衛生士からブラッシング指導を受け、正しいお手入れを身につけましょう。


 定期的なメンテナンス
歯科医院での定期的なメンテナンスは、インプラントの状態・歯肉の状態・かみ合わせのバランスなどのチェックを行うためのものです。決して大掛かりなものではありませんが、インプラントを長持ちさせるためには大変重要なことです。また出来れば、定期的なメンテナンスはインプラントを行った歯科医院で行うのが良いでしょう。あなたのインプラントのこと、骨の状態などインプラント治療を通じての情報を蓄積しているので、しっかりチェックすることができます。


 インプラント周囲炎の治療
現在では、多くの歯科医院がインプラント治療を手がけるようになりましたが、それと共にインプラント治療後のトラブルも増加傾向にあります。その原因の一つがインプラント周囲炎です。

インプラント周囲炎とは、インプラント治療後に生じる歯周病に類似した病気です。自分の歯と同じ様に、治療しないで放置してしまうと、インプラントを支える骨を溶かしていき、最終的にはインプラント自体が抜け落ちてしまいます。

インプラントの周囲に生じる、骨が溶けるという症状は歯周病と同様ですが、見た目上の炎症が弱く、歯の揺れも少ないために、自覚症状が少ないのが特徴です。

これは、天然の歯とインプラントの歯槽骨(歯を支える顎の骨)に対する結合様式の違いが原因しています。

歯と歯を支える歯槽骨は、直接に結合しているわけではなく、歯根膜と呼ばれるコラーゲン線維によってつなぎとめられています。この歯根膜は、歯と歯槽骨との間だけではなく、歯と歯肉の間にも存在し、歯周病の原因である細菌の侵入を防ぐバリアとしての役割を果たしています。

それに対して、インプラントと歯槽骨は、直接結合しており、歯根膜が存在しません。細菌の侵入を防ぐバリアとしての歯根膜が存在しないため、病気の進行が速くなってしまうことがあるのです。

したがって、治療後はインプラント周囲炎にならない為の定期的なメンテナンスクリーニングを受けることが、とても重要になります。

万が一、インプラント周囲炎になってしまったらどうしたらいいのでしょうか。初期段階では、器械や薬剤を用いて、表面や歯周ポケット内に付着した歯垢や細菌を徹底的に取り除きます。

しかし、発見が遅れてインプラントを支える骨の著しい減少が見られるような場合には、歯肉を切開してインプラント体(フィクスチャー)を直接的に清掃することが必要です。

現在、最も効果的な方法は、歯の成分でもあるβ‐TCPパウダーを強圧で吹きかけてインプラント体の表面を清掃することです。清掃効果が高いだけでなく、パウダーが残留しても安全な点が評価されています。

当院では、β―TCPを用いたインプラント周囲炎治療を積極的に行っています。この治療は保険適応外治療となります。1ブロックにつき\10,800-(税込)となります。







ホーム |診療方針歯科医紹介医院紹介アクセス 
大阪府大阪市生野区勝山南3丁目2−9
たつの歯科医院