サイトマップ


入れ歯になって愕然とするのが、食事をおいしく味わえないことでしょう。噛みごたえのあるものは苦手になるし、入れ歯を着けての人との会食となると…。

インプラント治療が支持される理由は、失いかけていた食の喜びを取り戻せることにあるようです。インプラントは、あごの骨と直接結合するので、ガタついたり、痛みを感じたりすることなく、ご自身の歯と同じような感覚で噛むことが可能になります。

また、インプラントは、見た目が自然で天然の歯とほとんど見分けがつきません。その結果、人との会食でも口元を気にせず、自然な表情を取り戻すことが出来るようになります。

さらに、思うように噛めなかった歯が、インプラントで機能しだすと、顔の表情筋が活性化し、顔に張りがでてきます。それと同時に、顔の表情が豊かになり、若々しくなります。

インプラント治療は、歯を一度失ってしまった人にとって、歯本来の噛む機能以外に精神面でも大きなメリットが得られるというのが正直な印象です。


 インプラント治療の利点
1.天然の歯と同じ感覚で噛むことができます。
噛む機能が回復することで、食べ物の制限がなくなり、バランスのよい食事が楽しめます。

2.歯の土台となる歯根の機能を回復させる。
顎の骨は歯根から噛む刺激が伝わらないと、痩せていき退化します。歯根の機能を回復させることで、顎の骨の退化を防ぎます。また、自分の歯のように、ずれたり外れたりすることのない、しっかりとした歯の機能が回復します。

3.歯を1本失った場合から、すべてを失った場合まで対応できます。


 インプラント治療の欠点
1.コストがかかる
インプラント治療は現在、健康保険のきかない自由診療扱いとなっています。また、使用するインプラントの本数や種類、上に装着する人工歯の種類、症例の難易度によって、費用は異なります。

2.すべての患者さんにできるわけではない
治療を行うには、インプラントを植立する部分に十分な骨の幅や高さが必要になります。技術の進歩である程度この問題は解決されておりますが、重度の糖尿病や、心疾患、肝疾患がある方、人工透析を行っている方の場合は、一部インプラントが行えない場合があります。







ホーム |診療方針歯科医紹介医院紹介アクセス 
大阪府大阪市生野区勝山南3丁目2−9
たつの歯科医院